「多言語対応」電子配信ツール

インバウンド対策、多言語対応。

地域の観光情報等を訪日外国人向けに自動翻訳してデジタル配信。
日本語パンフレットを低コストで多言語対応に。

日本語パンフレットを自動翻訳

  • 訪日外国人に対応するためにパンフレットを作りたいけど予算がない・・・。
  • 英語だけではなく中国語や他の言語にも対応させたい。
  • 定期的に発行している印刷物も多言語対応したい。
  • 期間のあるチラシやポスターも多言語対応したい。

東京オリンピックを控え、全国的に訪日外国人は増加していますが「インバウンド対策をしようにも予算が無い」という声が多くあります。
弊社では既存の日本語データを利用して多言語対応のデジタルパンフレットを低コストで作成いたします。

SNSを通じて世界に情報配信

訪日外国人の多くは訪日前に旅行先や買うもの等を決定していると言われています。主な情報収集の方法はWEBサイトやブログ、SNSです。SNSを通じて日本のWEBサイトにアクセスしても、母国語での情報がなければ集客へとはつながりません。
翻訳に対応したデジタルパンフレットはWEBサイトはもちろん直接SNSで拡散したり、訪日した際に使う印刷物にQRコードを載せて紹介する事ができます。閲覧する際は、閲覧ツール「カタログポケット(アプリ・ブラウザ版)」を使用します。「カタログポケット」は端末所持者の対応言語を自動判別して翻訳してくれます。対応言語は9言語(日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語・タイ語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語)です。

低コストで簡単にデジタル配信

デジタルパンフレットを作成するために必要なものは、今までに作った既存の日本語パンフレットのPDFデータや印刷用のinddデータのみ。高性能自動翻訳機能を使い、制作から配信まで一括して行う事で、従来の翻訳コスト・制作コスト・配信コストを大幅に削減します。

多彩な機能で

  • 多言語自動音声読み上げ機能
  • テキストウィンドウ表示機能
  • スライドショー機能
  • SNS連携機能

従来の印刷データを拡張させ、印刷物だけでは紹介しきれなかった写真を「スライドショー」で追加したり、様々な人に伝わるように配慮された「音声読み上げ・テキストウィンドウ表示」、また紙媒体とSNSなどを連動させたクロスメディアとして、様々な役割をはたします。

Comments are closed.